バランス

Pocket

名刺に限ったことではありませんが、何でもバランスが取れていると、それだけでも相手に良い印象を与えることができるものです。ファッションやヘアスタイル、メイクなどもそうですし、体形のバランスだってそうでしょう。また、お料理を見た時に美味しそうかどうかを判断する一つのポイントとしても、彩や盛り付け方のバランスなどもあります。

パッと見た時に、大切なことがはっきりとわかり、すっきりとしていて気持ちよい名刺にするためには、あまり多くの情報を書くのは避けた方が良いと言えます。それよりも、余白を大切にしたり、文字の書き方やサイズ、バランスやデザインに注目した方が良いとも言えます。名刺には、表面と裏面がありますので、この両方を上手に使って書き分けてみるのも良いかもしれません。ただし、この場合も散らかっているような雰囲気にならないように注意する必要があります。

名刺に記載する文字のフォントは、少なめにしましょう。もちろん、一種類にするのも良いでしょう。また、文字は揃えて書くようにするのもコツ。そして、特に相手に伝えたい部分は、余白を十分にとって記載したり、文字を太くしたり大きめにしたりするのも良いでしょう。