色の力

名刺を作り出す要素の中には、色々なものがあります。記載する情報や文字の大きさやフォント、文字の太さ、デザイン、バランス、余白。また、用紙の種類によっても雰囲気は異なりますし、そこに用いるカラーによっても相手に与える印象はがらりと変わります。様々な職種がありますし、それぞれ役職や仕事内容にも違いがあります。それを上手に色を使って印象付けることもできます。また、同じように自分の印象を色を使って表現し、相手の記憶に残るように努めることも可能です。

たとえば、職業柄、或いは一人の人間として、一人のビジネスパートナーとして「信頼」、「信用」、「冷静」などといったイメージを伝えたい場合は、ブルーを用いてみるのも良いでしょう。ブルーは落ち着いた印象と誠実であるイメージを伝えることができます。またグリーンには、ほっこりとした癒しのイメージや穏やか、健康的なイメージがあります。ですから、癒し系の職業の方や、健康にかかわるものを取り扱っている場合にもオススメです。また、可愛いものを取りあつかっていたり、女性らしさなどをアピールしたい時は、ピンクを取り入れてみるのも良いでしょう。このように、上手に色を取り入れてアピールしてみるのもオススメです。

名刺は大切な存在

ビジネスにおいて、名刺交換を行う場面がたくさんあるかと思います。更に言えば、ビジネスマンにとって名刺交換に関するマナーはとても大切なもの。ですから、入社してすぐに、必死にマナーを叩きこんだ(叩き込まれた)方も多いのではないでしょうか。ここで失敗したり失礼があると、そのまま仕事に影響してくることもありますので、緊張する一瞬と言えるかもしれません。しかし、やはりとても大切なことです。

同じように、名刺そのものも大切なもの。ビジネスマンにとって名刺とはまさに自分の顔のような存在だからです。素敵な名刺であれば、それがそのまま自分の顔になりますし、反対に残念な名刺であれば、それもまた自分のイメージになり顔になります。ですから、もし今あまり納得できないようなものを使っているのでしたら、もっと工夫してみてはいかがでしょうか。名刺は、同じ記載内容であったとしても、文字の大きさやレイアウト、フォントなどによっても全くイメージが異なってくるものですし、用紙の素材によっても相手に与える雰囲気がまるで異なってきます。

せっかくなら、自分が本当に良いと思う自慢の名刺を用意して、もっと堂々とビジネスに向き合ってみてはいかがでしょうか。その方が自分自身の仕事に対するモチベーションもアップすることでしょう。何より、自分自身が気持ちよく仕事ができるはずです。当サイトでは、名刺について紹介します。是非参考にしてみてください。